恵み野病院 情報公開のページ

医療事故等の情報公開

恵み野病院では、医療事故を防止するために委員会(リスクマネージメント部会)を設置し、医療事故を未然に防ぐ努力を職員一同で行なっております。
 また、その取り組みの結果について情報公開を行い信頼を得ると同時に、皆様に安心して病院にかかられるように今後とも安全管理体制の強化に努めてまいります。

公開基準
  • 1.目的
  • 恵み野病院で発生した医療事故等についての情報を適切に公表することにより、医療を提供される側と提供する側の信頼関係を築くことが出来ると考える。更に医療内容の透明性を確保することが医療技術の向上と病院の安全管理体制の向上につながると考える。
     そこで、以下に示す公表基準に則り公表するものとする。
  • 2.公表の方法
  • 医療安全管理委員会(オーディット)は、公表基準に基づき医療事故等の事象を審議し公表の対象、時期を決定する。
  • 3.公表の内容
  • レベル2以上の全ての医療事故ならびにオカーレンスレポートに関しては集計を行い全体数ならびに大まかな分類集計数を当院ホームページ上で公開するものとする。ホームページ上では数の公表のみならず対策とその結果についても公表し当院におけるリスクマネージメントについても言及するものとする。
  • 4.用語の定義
  • 医療事故(アクシデント)
    医療に係わる場所で医療の全過程において発生する全ての人身事故であり、以下の場合を含む。なお、医療従事者の過誤、過失の有無を問わない。
    (a)死亡、生命の危険、病状の悪化等の身体的被害及び苦痛、不安等の精神的被害が生じた場合。
    (b)患者が廊下で転倒し負傷した事例のように、医療行為とは直接関係しない場合。
    (c)患者についてだけでなく注射針の誤刺のように、医療従事者に被害が生じた場合。
  • ヒヤリハット事例(インシデント)
    患者に被害を及ぼすことは無かったが日常診療の場で「ヒヤリ」としたり「ハッ」とした経験を有する事例。
  • オカーレンスレポート
    行なった医療行為に起因して、患者が死亡、もしくは重篤な後遺症が残った症例又は予期しなかった、または予期していたものを上回る処置その他の治療を要した症例について報告されたもの。
  • 5.医療事故レベル
  • レベル0:実施されなかったが医療行為などの準備段階で錯誤しそうになった場合。
  • レベル1:事故による被害が生じず、その後の観察でも問題が生じない場合。
  • レベル2:事故により患者への観察の必要が強化された場合。(レベル0,1でも、その検案が非常に重要と判断した場合はレベル2とする。)
  • レベル3:事故のため治療・処置の必要性が生じた場合。
  • レベル4:事故による障害が長期に渡って続く可能性が生じた場合。
  • レベル5:事故原因で患者が死亡した場合。
2017年度 レベル0以上の各々の件数
(2016年度,2015年度との比較)
区分 2016年度件数 2015年度件数 2014年度件数
レベル0 56 154 100
レベル1 743 758 596
レベル2 155 118 133
レベル3 12 5 6
レベル4 1 5 6
レベル5 0 1 2
総件数 967 1022 814

※報告件数は年々増加している。2013年度途中から報告方法が院内ネットワーク端末からのみとなった。2016年度は、前年度と比較し、レベル0、レベル1の報告件数が増加し、レベル2の件数は徐々に減る傾向にある。

ヒヤリ・ハットで報告されたレベル0から2までの原因分類

○2017年度

ヒヤリ・ハット月別報告件数

○2017年度

患者誤認(2014年度から2016年度)件数の推移

○2015年度から2017年度部署別誤認件数

※医療安全管理室では患者誤認に対する対応を行ってきたがレベル0を除く患者誤認件数は昨年の25件から33件に増加した。2016年度に一旦減少したが、その後は増加傾向である。患者確認を怠ったものが殆どである。

手術施設基準 適合手術件数(平成29年1月〜12月)

分類 件数
◇区分1に分類される手術
 ア 頭蓋内腫瘤摘出術等 12
 イ 黄斑下手術等 0
 ウ 鼓室形成手術等 0
 エ 肺悪性腫瘍手術等 2
 オ 経皮的カテーテル心筋焼灼術 0
◇区分2に分類される手術
 ア 靭帯断裂形成手術等 0
 イ 水頭症手術等 23
 ウ 鼻副鼻腔悪性腫瘍手術等 0
 エ 尿道形成手術等 16
 オ 角膜移植術 0
 カ 肝切除術等 10
 キ 子宮付属器悪性腫瘍手術等 0
◇区分3に分類される手術
 ア 上顎骨形成術等 0
 イ 上顎骨悪性腫瘍手術等 0
 ウ バセドウ甲状腺全摘出(亜全摘)術 0
 エ 母指化手術等 0
 オ 内反足手術等 0
 カ 食道切除再建術等 0
 キ 同種腎移植術等 0
◇区分4に分類される手術
226
◇その他の区分に該当する手術
人工関節置換術 1
乳児外科施設基準対象手術 0
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術 44
冠動脈、大動脈バイパス移植術及び体外循環を要する手術 0
経皮的冠動脈形成術 343
  ---急性心筋梗塞に対するもの 22
  ---不安定狭心症に対するもの 26
  ---その他のもの 295
経皮的冠動脈粥種切除術 2
経皮的冠動脈ステント留置術 292
  ---急性心筋梗塞に対するもの 21
  ---不安定狭心症に対するもの 22
  ---その他のもの 249
◇全身麻酔の件数
641

苦情投書への回答
ご意見内容 回答
(H30.4.3)主人が入院しまして毎日昼と夜2回車で来ております。夜は帰りが7時頃になり駐車場の車も殆どなく、夕べも安心して狭い所に駐車しました。ところがその日は沢山の車で、しかもバックでしか出られず、暗いし到底無理と思い、事務の方にお願いしたところ、大嶋さんという男性の方が車を出してくれました。本当に困っていたので助かりました。初めてのことでしたが、大嶋さんの笑顔のやさしさに救われました。何かお礼と思いましたが、お手紙失礼致します。本当に、本当にありがとうございました 「皆さまの声」にご投函頂き、また、職員の励みになるお手紙を頂きまして本当に有難うございます。すぐに本人に伝えさせて頂きました。今後も何かお困りのことがございましたらお気軽にお声掛け下さい。
(H30.4.9)交通事故での受診です。会計に緑のファイルを提出後15分以上待ちました。15分待ったので窓口にその旨伝えたところ、「緑のファイルを提出する際に一言事故だと伝えればそのまま帰れた」との話でした。こちらは伝える必要があるのかないのかわからず、ただ渡すだけですので、待った後にそのように言われても困ります。受付の方からお詫びもありませんでした。会計の処理方法の改善を願います。 ご意見有難うございます。また、不快な想いをさせてしまい、大変申し訳ございません。交通事故のみで受診の場合は、ケースによっては保険会社が支払うため自己負担がなくそのままお帰り頂くケースが多いです。そのような説明は、最初に受診した日若しくは保険会社から連絡が来てからになります。必ず一度は「次回から緑のファイルを出す際に事故で会計なしですと仰って頂ければそのままご帰宅されて構いません」という説明をする機会があり、その際は会計終了後こちらから患者様をお呼びすることになっています。今回のケースでは、受付の者が上記のような説明を一度していると勘違いしたか、もしくは説明の仕方が悪かったものと思われます。いずれにしても当院の不手際であったことに間違いはありません。この度は、大変申し訳ございませんでした。
(H30.4.13)担当医師の対応について
1.時間が非常にルーズ:入院時、家族と一緒に来てくださいとの事。朝10時から14時過ぎまで待たせてやっと話に来る。普段の診察でも、いつも2時間以上待って、予約なのにどういうことなのか?
2.前日午後2時頃に退院について、夕方までに決めますねと言っておきながら、看護師に伝えるわけでもなく、本人が病室に来るわけでもなく、退院当日も本人に会うことなく、看護師に退院してもいいからと伝える。退院前に患者の様子も見に来ないとは呆れる。
3.インフォームドコンセントも全く駄目。12月に入院した時と同じだからと5分程度の説明に納得してサインするが、手術当日に他の先生に呼ばれ、色々と分かり易く図に示し本当に納得してサインをしました。内容の違いにビックリでした。
ご意見有難うございます。また、この度は大変申し訳ございませんでした。たまたま他の患者様の処置や治療が長引いたりすることもありますが、約束の時間を守れない、あるいは連絡もなかったことには言い訳の仕様もございません。今回の件は、二度とこのようなことがないよう担当医師に周知致しました。
(H30.4.20)今回大腸ポリープ切除のためお世話になりました。ただ、入院に際して、同意書や誓約書等の書類を事前に手渡されることもなく、服薬中の一部服薬中止の指示も薬品名が自分が持っている一覧と異なっており、電話で確認が必要となった。また、CSセットなるサービスも説明がなく、入院翌日に手渡される等、キメ細かな説明が欠けているように見受けられる。入院に際しては、各部署多忙とは思いますが、患者が不安な気持ちにならないように配慮して頂きたい。 大変申し訳ございません。頂いた投書をもとに調査した結果、入院に際しての説明が全て抜けて いたことがわかりました。入院が決まった時点で検査や治療に関する説明、書類の説明、服薬中の薬に関する注意事項、CSセットについて説明するのが通常の流れとなっております。説明が抜けたことに関して、システムの問題なのか、あるいは人為的ミスなのか、今後院内で検討していきたいと思います。この度は、本当に申し訳ございませんでした。
(H30.4.21)4月12日、山本先生に手術して頂いて無事に退院することが出来ました。有難うございました。看護師さん達も皆さん一生懸命仕事をしていらして、大変良くして下さいました。お部屋の人達も良い人で楽しい入院生活でした。衛生面でも大変気を遣われていて快適でした。ご飯もおいしくて毎日完食でした。これからもお世話になると思いますので、宜しくお願い致します。私も早く仕事に復帰出来るように頑張ります。大変お世話になりました。 この度は、「皆様の声」にご投函頂き、有難うございました。今後も地域住民から安心、信頼される病院を目指して職員一同最善を尽くして参ります。また、一日も早くお仕事に復帰されることを心よりお祈り申し上げます。
(H30.5.2)朝の受付についてです。2台の受付機があるのですが、一列で待つようにしてはどうでしょうか?二列に並ぶより一列に並んで早く終わった方から次々と受付をする方が合理的だと思います。2人も受付の方がいるのなら可能だと思います。床の線も一列にした方がよりスムーズになると思います。ご一考下さい。 ご意見有難うございます。実は以前にも同様のご意見を何度か頂きました。結論を申しますと、一 度、一列にしたことがあるのですが、その際列が長くなり車椅子の患者様が通れなかったという経緯がございました。結局、再来機の位置を再考したのですが、何分現状の建物ではスペースがなく二列での運用を余儀なくされているところです。折角貴重なご意見を頂きましたが、実状をご理解頂きたく、またご協力の程、宜しくお願い申し上げます。
(H30.5.11)入院(CS)セットのなかに洗面器が入って居たらありがたい(洗面具関係はこれで全て患者が用意しなくて済む)。 ご意見有難うございます。確かに仰る通りですね。但し、デメリットとしては患者様の自己負担額が上がってしまうことです。また、個室に入られる方は洗面器を使用しません。CSセットは原則必要最低限のものを基本セットとしております。どうかご理解とご協力をお願い申しあげます。
(H30.5.17)入院病室について、1ケ月も前に個室で予約していたのが、4人部屋に入るようになっていた。この辺の連絡等はどうなっているのか? ご質問有難うございます。個室に関しましては、確約できるものではないということを事前に説明させて頂いております。その説明がなかった、若しくは個室が満室の場合にご連絡することになっていたのであれば、こちらの不手際をお詫びいたします。大変申し訳ございませんでした。
(H30.6.22)泌尿器科の薬をもらいに別な担当の先生と話をしました。「次回来られるまでの分のみ出します」というので、「2週間分薬出ませんか」と聞いたら、「僕は担当じゃないので仕様がなく出しているだけです」と言われました。それは病院のシステムの話で、仮に事実だとしても患者に言う言葉、態度ではありません。人の心がわからない人に病気が治せますか?不快感のかたまりで家に帰ります。 ご意見有難うございます。また、医師の態度について憤慨されたこと、大変申し訳ございませんでした。確かに担当医ではない医師が長期間の薬を出すことにはリスクがあり、普段診察をしていない患者様の薬を出すことは症状の変化等にも対応できず、何かあった場合の責任問題も生じることもございます。しかし、本来ならこのような説明を医師がすべきところ、説明もなく事情もわからない患者様に対しての態度ではなかったということですね。本当に申し訳ございません。この件は、毎月医師が全員集まる会議にて周知致します。
(H30.6.25)病院の中、窓口の所に両替機を置いてほしい。不便を感じます。 ご意見有難うございます。両替機があれば確かに便利ですね。しかし、設置には費用もかかります。また、今は銀行に行っても両替に手数料がかかる時代です。消灯時間前であれば窓口にお声掛け頂ければすぐに両替させて頂きますので、ご理解とご協力の程、お願い申し上げます。
※最後になりましたが、職員の応対・態度に関するご意見を数件頂きました。職員の接遇に関しては十分配慮しているつもりではございますが、皆様から頂いた貴重なご意見を謙虚に受け止め、職員の接遇教育に生かしていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。また、激励・感謝の投書も今回記載した以外にも頂いております。この場をお借りして御礼申し上げます。有難うございました。

平成30年7月1日
 病院長

※尚、皆様から頂いたご意見全てに回答できるとは限りません。ご了承頂きたくお願い申し上げます。

診察時間

  • 平日午前: 9:00−12:00 平日午後: 14:00−17:00
  • 土曜(第2、第4は休診): 9:00−12:00

受付時間

  • 診療予約有り
  • 平日午前: 8:10−12:00 平日午後: 13:00−17:00
  • 土曜: 8:10−12:00
  • 診療予約無し
  • 平日午前: 8:10−11:00 平日午後: 13:00−16:30
  • 土曜: 8:10−11:00

当院は日本医療機能評価機構の認定病院です
PAGE TOP